後遺障害とは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

後遺障害交通事故に遭ったときに怪我をしてしまうことがあります。その治療をした結果として、なおその症状が残ってしまうことを後遺障害といいます。後遺症とほとんど同じ意味であると考えれば良いでしょう。後遺障害というのは身体的な障害のみならず、精神的な障害も含んでいます。交通事故による負傷が完治しなくて、それが将来的にも回復する見込みがない場合に後遺障害として認められるのです。もし後遺障害であることが分かれば損害賠償を請求することができます。そのため交通事故の後遺障害については慎重にすすめていくようにしましょう。

後遺障害については病院で診断書をもらわなければいけません。そうしないと人身事故として扱われないケースもあります。基本的に加害者というのは保険会社が代理人として交渉をしてきます。その際には診断書を提出して、後遺障害になったことを証明しなければいけないのです。

後遺障害というのは基本的に自賠責保険や労災などの請求について使われる用語となります。そのため日常生活の中ではあまり馴染みのない言葉でしょう。後遺障害というのはそれによって労働能力の低下を伴うものという定義があります。また、等級認定というものがあり、その条件に該当することも条件となります。