注意点について

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

交通事故の被害者になった場合の注意点を紹介しましょう。まず弁護士にいつ依頼をするべきなのでしょうか。基本的にはできるだけ早いタイミングで弁護士に頼るべきです。そうすることによって、より良い結果を実現しやすくなります。ただし、急いで選んでしまい頼りない弁護士に仕事を任せることになるのは避けた方が良いでしょう。きちんと交通事故についての実績のある弁護士に任せて下さい。ホームページをチェックすれば、その弁護士がこれまでにどのような依頼を担当してきたのかが分かります。専門分野をきちんとチェックしておきましょう。

無料相談弁護士にいきなり依頼をするのではなくて、まずは無料相談を活用しましょう。多くの弁護士事務所が無料相談を受け付けているものです。初回の面談に限って無料の場合も多いです。そこで自分の状況をできるだけ正確に伝えましょう。そうすれば、具体的にどうすれば良いのかしっかりとアドバイスしてくれます。

弁護士に頼んでもすぐに問題が解決するわけではありません。示談交渉の場合は1ヶ月から2ヶ月程度の期間が必要となるでしょう。訴訟に発展する場合には半年から1年程度かかることもあります。時間がかかることをあらかじめ理解しておきましょう。